サイトトップ>国際投資>海外ファンド投資プラン―プライベート資産1000万円を4年で倍にする!
海外ファンド投資プラン―プライベート資産1000万円を4年で倍にする! 人気ランキング : 1170位
定価 : ¥ 1,680
販売元 :すばる舎
発売日 : 2007-10
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 1,680
入門書でもあり実践書でもある

私は、預金の約6割を「外貨」で持っている。
面倒くさがり屋なのでもっぱら証券会社任せだが……。

この本は、主に海外ファンドをどうやって運用するか、注意点、心配な点は……
という視点で懇切ていねいに書かれている。
外貨で資産を運用する時代になったいま、入門書でもあり、実用的でもある好著だ。

海外ファンドには、当然のことながら為替リスクがある。
しかしこの本ではそのあたりも明確だ。つまり――
基本になっているのは「円は長期的に見て下がる」ということだ。
いま(2008年1月)は、円高になっているが、これは米ドルが弱くなっているため、
その比較として円高になっているだけだと私も思う。
少子高齢化、多額の国債など、どう考えても円が1ドル80円とかになるとは思えない。
もちろん為替と株のことは、実は誰もわからない。だからもしかしてとんでもない円高になるかもしれない。

だが、豪ドルやニュージーランドドルの金利は6%とか7%。少々の為替差損があっても、
年間の金利で充分にお釣りが来る。

実際今は円高だが、ここ数年で私の資金は1.3倍ぐらいにはなっている。
本書では「4年で倍にする!」と言っているが、そこまではむずかしくとも、1.5倍ぐらいにはできるのではないだろうか。

とくに最近は新興国も注目だ。こちらももちろんリスクはあるが、金利はハンパではない。
本書はこのあたりの運用方法、メリット、リスクもきちんと説明してくれている。
より効果的な資産運用を考えている人には実践的な一冊だ。

最初に知りたい情報の八割はカバーしている。

投資は普段はデリバティブ一辺倒だったが、ふと、今の資産総額ならファンドに投資したほうがストレスも少なく、一定の利率で運用できるんじゃないか?と気づいて調べ始めていたところ、本著と出会った。

国内のファンドは総じて利率が低いくせに手数料ばかり高額で実用的でないので最初から論外として、海外ファンドのことを調べていたが、なかなか優良な情報がなく苦戦していたところ、このような本が出ていたとは驚いた。

大抵、海外ファンドでの資産運用をしたいと思う「日本人」が知りたいことといえば、

・ファンドの種類、利率、元本保証型か等
・購入方法……日本から購入できるかどうかも(英語が苦手な人の場合)
・いくらぐらいの資産額から、有用な投資が可能なのか
・海外の銀行の情報や、銀行を選ぶときに参考すべき基準等
・販売している国の情報等

最初のうちはこれぐらいだろうが、これがまたネット検索等で調べるとなかなか本当に知りたいことが出てこないのだから困りものだ。
本著は、そういった、海外ファンドについて調べたいと思ったときに知りたい情報のだいたい八割ぐらいはカバーしている。

特に、本著の場合は、実際のファンドの購入方法、購入時に必要な実務知識、海外銀行との付き合い方、また海外ファンド投資をする際に出てきやすい質問のQ&Aが充実しているので、いざというときには、本著の項目から、実際に今後必要になってくるだろう、適切な助言を仰げる専門家がわかるようになっているので、実践的な内容にもなっている。

特に税金については、本格的に運用していく人間なら必ず、申告が必要になってくる「利益20万円」などあっさりクリアするに決まっているのだから、きちんと税金に関する実務まで書かれてあるところは大変有用である。

200ページ未満の読みやすい本だが、うまく、本当に海外ファンド投資をしたい人間にとって必要な情報が適切にまとめられている。
海外ファンド投資を念頭に置いた資産運用を考えておられる方は、ぜひ一冊、お手にとって確認してもらいたい。

わかり易い海外ファンドQ&Aですね

私は海外ファンドを購入したり、海外銀行で預金をしていますが、日本に在住する自分にとって、細かい情報が得られず心配しておりました。この本が出版されすぐ読み終えたことでいままで不安であったことが解消されたようです。初めて海外ファンドを購入する人にも大いに役たつ内容だと思います。自分年金で60歳からのゆとりある生活を夢見ています。

サイトトップ>国際投資>海外ファンド投資プラン―プライベート資産1000万円を4年で倍にする!