サイトトップ>国際投資>海外預金口座の開設活用徹底ガイド
海外預金口座の開設活用徹底ガイド 人気ランキング : 53209位
定価 : ¥ 1,680
販売元 :日本実業出版社
発売日 : 2004-10-14
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 1,680
具体的な内容です

徹底ガイドと銘打っているだけあって、口座開設の方法がかなり具体的に記述してありますので参考になります。
ただし2004年頃出版されている本なので現在は取扱いは変わっている事もあるかと思います。
基本的な事項や用語解説集は充分役立つので現在でも参考に読まれることをおすすめします。

まああると便利かな

海外で口座を開設したことが無く、これから開設しようとしている人向けの本です。
上記の方にはとても役にたつと思います。
ただ日本のハイパーインフレの可能性は個人的にはいかがなものかと、、、

この類の情報はしかたがないことなのですが、現在、非居住所の口座開設は日々、変わっていってるので、本中の情報が古くなっています。この本の情報どおり、もしくはそれ以上に必要書類、手間等があると考えてよいと思います。

初めての方には最後の英語の”単語集”は便利です。

う?ん。まだオイラには早すぎたか。。。

日本の銀行の利息や手数料
はたまた配当、譲渡所得などにかかる税制に
全く我慢がならないので

なにか面白い方法でも
無いかと思い海外預金口座の開設について
ちょっと知りたいと思い手にしてみました。

口座を開く為にはそれなりのまとまったお金が必要なことや
送金の為の手数料、各種書類などの
様々なハードルがあることが良く分かりました。

またインターネットバンキングができるとか
どんな口座があるのかといった
各銀行のサービスについても
解説があり、それぞれの特徴がつかめました。

私にはまだ早かったようですが
それなりにまとまった資産を持った方たちが
実際に口座を開く為にこの本を読まれると
よい手助けになるのではないでしょうか。

そうじゃない人も私のように
まだ見ぬ先の世界を垣間見て
「いつかはきっと」と
思いを馳せるには
よいと思います。

とても実践的でわかりやすい質と量

〜〜1990年代後半には、シティバンクの活用法ですとか、海外の口座の活用といった類の本がたくさんありましたが、最近こういった本をあまり見られませんでした。Webで情報が集めることは可能ではありますが、わかりやすく体系的に理解するには労を要します。
初心者の方も、いぜん経験ある方も、いままさに海外預金口座開設を考えている方には、参考になると思い〜〜ます。
私は、ある目的での米国銀行口座開設で、この本を購入前から何通りかの方法を検討しましたが、この本といくつかのWebサイトを読んだ後、UBOCで十分と認識しました。〜〜

海外口座のトラブルに注意

 海外預金口座のガイド本は、いままで何冊も出版されていますが、最新の本だけに、わかりやすく書かれていて、内容も信頼がおけます。
 海外口座を開く目的は、個人によって異なりますが、私の場合、海外にも資産を分散させておくというのがおもな目的です。
 そのためにオーストラリアや香港の金融機関を直接訪問したことがあります。また、オフショアの銀行の書類を取りよせたこともあります。
 一方、オフショアの銀行に口座を開いたとしても、かなりのトラブルが発生すると聞いています。
 私の英語は中級程度なので、日本語での対応を求めて、東京三菱経由のUBOCに口座を作りました。また、在日駐在所経由でスイスのPBにも口座を開きました。さらにもう一カ所くらい口座を開きたいと考えて、この本を読みました。
 大切な虎の子を預けるのですから、送金などのトラブルが発生する可能性や、その場合の解決方法などについても、少しは触れておいてほしいと感じました。

サイトトップ>国際投資>海外預金口座の開設活用徹底ガイド