サイトトップ>投資信託>お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門
お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門 人気ランキング : 4557位
定価 : ¥ 1,680
販売元 :幻冬舎
発売日 : 2002-11-26
発送可能時期 :
価格 :

ベストセラー「ゴミ投資家」シリーズの中心人物であり、経済小説『マネーロンダリング』でも話題を呼んだ著者、橘玲が、最新の経済動向を盛り込んだ人生設計指南書を執筆。21世紀の知識社会において、経済的独立を達成するための効率的な人生設計方法(近道)を、歯に衣着せぬ言い回しで解説している。 帯には、「日本人には役に立たない『金持ち父さん 貧乏父さん』は今すぐ捨ててください!!」とあるが、その意図は、税制をはじめとした日米間の環境の相違にある。日本の投資環境を考慮に入れながら、世界にひとつしかない金持ちの方程式「資産形成=(収入−支出)+(資産×運用利回り)」の実践法を説くあたりは、さすが専門家をもうならせた『ゴミ投資家のための人生設計入門』の執筆者である。金融業界や不動産業界の関係者が決して口に出せない「見えないコスト」も含め、合理的な資産運用の考え方を説いている点も、本書の魅力であろう。 扱われているトピックは、不動産、株式、保険、税金、海外投資、PT(永遠の旅行者)と、じつに多岐にわたるが、そのすべてにおいて、実践的な考え方が示されている。あえて問題点を挙げるとすれば、実践的であるがゆえに情報が陳腐化しやすいということだが、税率や手数料の変更など、細かな点を修正するのは読者の側の責任であろう。 著者によると、20世紀を席巻した産業化社会は終焉を迎え、21世紀は「知識社会」の時代になるという。この「知識社会」とは情報化社会とも言い換えることができるが、知識が特権的な価値を持つ社会であり、必要な情報を的確に入手し活用できる人は近道ができるが、そうでなければ回り道をするしかない。われわれを取り巻く世界の歪みを上手く利用した人は、合法的に莫大な富を築き、「システムの負の側」を歩んだ人は、人生の貴重な時間やお金をどぶに捨てることになるのである。 人生の近道を歩むために、平均的な日本人がどうやって人生設計すればよいかを、本書は懇切丁寧かつユーモラスに解説している。日本国の危機をいたずらに煽(あお)るだけの本が多いなかで、その危機や歪みに対して我々がいかに対処すべきかを示した、希少な1冊である。(桜田清二)

証券マン失業の書?

いわゆる金持ち本ですが、日本人を取り巻く金融に関する現状、からくりを整理するにはもってこい。住宅ローン、生命保険、どうしてます?特に最近さかんに扇動されている株式投資についての考察は面白い。ノーベル賞受賞者が発見した最適な投資方法とは?それは業界の人には評判が悪いんだそうです。いわゆるエコノミストのいい加減さも指摘。ただ、個人的にPTの考え方は否定です。

投資に興味を持つキッカケをもらいました。

ロバートキヨサキの金持ち父さんの本等々、アメリカ人著者の金持ち本を数冊読んではいたのですが、こちらの本を読んで始めて投資の重要性を実感しました。やはり日本人が書いた、日本のサラリーマン向けの本なのでより具体的に自分の生活ポートフォリオを考えるきっかけとなりました。この後、私は我が家庭のポートフォリオをキチンと毎年見直したり、投資をはじめたりしました。(余り成功はしていませんが(笑))
 読後感はさわやかではありません。結局、日本のお先は真っ暗なのねぇ?!と寂しさがつのりました。本当は続編でも良いので、「だから、こうしたら良いのでは?」と言う提案部分がもっとモット充実していると良いのですが、そこは自分自身で考えてね♪と言うニュアンスも強かったので★4つです。

力作

橘さんの本の中でも、特に本書は「力作」だと思います(個人的には、少し読みにくい文体だと思っていますが、これも橘さんの「味」といえるかもしれません)。
橘さんの著す本は、「国家(特に日本)というシステム」に対する国民の要求と人間の業(欲・サガ・弱さ)との相克から生じる矛盾を、「身も蓋もない筆致」で突いていくというパターンが色濃く現れています。ある意味、無知の恐ろしさを思い知らしめる本です。
現在の国家というシステムは、もはや前時代的なものになりつつあるのかもしれません。
一人でも多くの人に読んでもらいたい・・・と思う本です。
私はこの本を読むのは3回目です。

これは面白い!

既に初版の発売から5年経過しているので、
各種法律上、参考にならない部分も多いのだと思いますが、
これは面白いです。

会社勤めしながらも全く知らなかった「給料と税金の関係」。
社会人生活3年ながらも、全く気に留めていなかった「世間の金の流れ」。
そういうことに改めて気付かされただけでも、読んでよかった。

学生時代(2003-2004年頃)、本屋で見かけるたびに、
「インチキ臭いタイトルの本だな」
と食わず嫌いしていましたが、なかなかどうして、シュールな内容。

買うきっかけは著者が小説『マネーロンダリング』と同一人物だったから。
そして、その小説の帯で村上龍が絶賛していたから。
村上龍自体、好きでもないし、小説も読んだことないし、
そもそも『マネーロンダリング』も読んでいなかったのですが、
テレビ東京系『カンブリア宮殿』での村上龍が、
朴訥とした好感の持てる人だったため、
巡り巡って本書を買うことに。

読んでみて面白かったので、同じ著者の本を他に3冊も購入しました。

サラリーマンが金銭的不自由にならないために知っておきたいこと

作家の橘玲氏によりサラリーマンが金銭的に不自由せずに生きていく方法が綴られた一冊。
橘氏の作品はこれまで三冊読みましたが、日本のサラリーマンの金銭的感覚の欠如について考えさせられます。
私は次のようなところをチェックしました。

・金持ちの方程式は・・・資産形成=(収入?支出)+(資産×運用利回り)
・サラリーマンが確実に金持ちになる方法のひとつに仕事を発注した業者からキックバックを受け取ることがある。が、やりすぎには気をつける必要がある。
・日本企業は人件費を世界標準まで下げようとしている。そのためにフリーターなどが利用され、低所得者層が急速に拡大していくものと思われる。
・不動産の購入を検討しているのなら、裁判所の競売物件閲覧コーナーを見てみるとよい。そこには不動産業者より割安で物件を手にするチャンスが転がっている。
・不動産について賃貸と持ち家に優劣はない。持ち家を購入するということはリスクを負うということで、ローン完済後に手にする不動産はこうしたリスクに対して支払われる報酬である。
・子育てのコストについて。人生の大きな買い物は不動産、次に保険と言われるが、子育てのコストがそれに匹敵していることはあまり関心を集められていない。

サイトトップ>投資信託>お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方 ― 知的人生設計入門