サイトトップ>投資信託>投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]
投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引] 人気ランキング : 3381位
定価 : ¥ 2,310
販売元 :日経BP社
発売日 : 2004-01
発送可能時期 : 通常24時間以内に発送
価格 : ¥ 2,310
一目均衡表に依存しすぎているものの最適の入門書

通貨証拠金取引とは何か。全く知識のない人にも分かるよう丁寧に解説している、FXの入門書。

一攫千金を煽るだけの入門書が多いなかで、株取引のように法による規制がないからこそ業者選びに気をつけなくてはいけないこと、レバレッジ取引の危険にもしっかりと言及している。

相場の読み方はトレンドに逆らわない、そして一目均衡表こそが全てという姿勢を徹底的に貫いている。ここまで一目均衡表のみに依拠することに疑問を感じる人も多いとは思うが、一目均衡表一本やりの説明だからこそ、初心者にもわかりやすくなっている。

とはいえ、株と比べて馴染みのないFXを基本から学ぶ、そして一目均衡表を知るには最適の入門書。

すばらしいです

 約款について書かれていたりと超初心者向けではありませんが、広範囲にわたり役に立つ内容が載っています。

 巷に溢れるFX書籍というのは、チャート分析だけの本、損切りが重要とだけ書いてある中途半端な本、リスクよりも儲けを重視する本などが多いのですがこの本は違います。レバレッジを活用するというテーマを掲げながら最初から最後までリスク管理を徹底して説いています。また、あえて約款に触れるなど本当の意味で投資家の利益を考えて書かれた稀有な本であると感じます。

 リスク管理の考え方や一目均衡表の詳細な説明は特筆に価します。是非ご一読を!!

実際投資をしながら見る本です

少し前からFXをしていましたが、この本でひとつの精神的主柱(大げさですか?)ができたような気がします。中級者より上の人には物足りないかもしれませんが、初級者でFXを始めたばかりの人は、この本を読みながら、相場の見方、テクニカルの読み方(一目均衡表が中心ですが)を勉強していけばいいと思います。

確かに勉強になった

一目均衡表の勉強になりました。かなり詳しいので、
かなり難しいと思いました。
しかし、著者も言うように、実際の相場がどう動くか、
それは予測不可能である。それでも、余りに無謀な行動を避けるためにも、
本書で勉強することは、ためになるものだと僕は思いました。

一目均衡表一本

失われた10年といわれ、有象無象のFX業者がまだまだ多かった4?5年前の時代背景から
生まれた本と言えようか。
本質はこのとおりと思うが、現時点で読むとやや古さが否めないし投資家も学んだので、
読者の求める内容が違ってきているのではないかと感じた。
トレンド・フォローの重要性、資金管理の重要性などが慎重すぎるぐらいに書かれています。
「一目均衡表による」テクニカル分析とサブタイトルした方がよいぐらい判断を依存して
いますが、その理由にはには拘らないと明言しています。拘る人は気にするかもしれません。
ファンダメンタルは全く触れられていないので、そうした知識を求める方には向いていないでしょう。

サイトトップ>投資信託>投資の王道 実践編 [通貨証拠金取引]